収納

部屋を片付ける5つのコツ【続けられる片付け術】

部屋を片付けるコツってありますか?

いつも最初は頑張れるのに、途中で飽きてしまうので、いつまでたっても綺麗な部屋になりません。

こんな私でも部屋を片付けることはできますか?

こんにちわ。えびてんです。

部屋を片付けよう!と意気込んでも、時間がなかったり気が散ったりで、うまくいかないことも多いですよね。

「自分には片付けられない」と諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、そんなあなたのお役にたてばと思い、片付けのコツについて解説しました。

どなたでも簡単にできる方法をまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

ポイント
  • 片付けは続けられる方法を見つけよう
  • 片付けるエリア・時間を決める
  • 3つの「しない」を徹底する

 

片付けは続けるか否か

片付けに対して、実は多くの人が勘違いしていることがあります。

片付けは、出来る・出来ないではないこと。

じゃあなんなの?というと、続けるか否かです。

片付けが出来る人は、片付け続けた結果、経験によって片付ける力が付いていきます。

仕事でもスポーツでもそうだと思いますが、経験値が増えていくことで、上手になっていきますよね。

片付けも例外ではなく、経験値が大切になっていきます。

片付けに完結はない

「続ける」ということは、ある意味「終わりはない」ということを指します。

どういうことかというと、

片付けを3ヶ月〜半年位続けていると、早い人だと部屋がこんな状態になります。

  • 洗濯物は畳んであるし、カバンは定位置に置いてある。
  • ベッドもある程度メイクされて、いつでも気持ちよく寝ることができる。
  • 机の上にはスペースがあって、おしゃれな観葉植物が鎮座する。

この位になると、もはや片付けは日々のルーティーンの中に組み込まれてしまっています。

なので片付ける行為は、自然と継続されていくのです。

そういう意味で、片付けにおいて完結はないと考えています。

続けられなければ一生片付かない?

では、片付けが続けられない自分は、一生汚い部屋に住まなければならないのでしょうか。

そう心配になってしまいますよね。でも安心してください。

片付けのポイントは、片付けを続けられるコツを知ることです。

コツを知ることで、効率よく片付けを続けられるようになります。

そのコツについて詳しく解説します。

片付けを続ける5つのコツ

片付けには大きく分けて5つのコツがあります。

  • 片付けるエリアを決める
  • 片付ける時間を決める
  • 片付ける日を作らない
  • 書類を見ない
  • 完成させない

それぞれについて、お話します。

片付けるエリアを決める

片付けは、エリアを決めて少しずつ進めます。

なぜならば、広範囲では、どこから手をつけて良いのか迷い効率が落ちるからです。

ゴールがはっきり分かるように、出来るだけ小さいエリアから始めましょう。

エリア設定の例

  • 机の上
  • 引き出し1段
  • 洗面台(洗面所ではない)
  • 冷蔵庫内
  • クローゼットの右側

おすすめは「机の上」です。

  • 片付いたことが一目で分かる
  • 片付ける物は、チラシやメモなど、すぐに捨てられる物が多い

必要な物は、邪魔にならない場所に仮置きして、次のエリアに進みましょう。

片付ける時間を決める

片付けるときは、15分や20分など、時間を決めて行いましょう。

なぜなら、丸一日かけるより、短時間だけ集中して進めた方が効率が良いからです。

また、片付けを短い時間で繰り返すことでルーティーン化しやすくなるため、続けやすくなります。

片付ける日を作らない

片付けをイベント化せずに、1日の家事のひとつ的な立ち位置にしましょう。

「寝る前にはテーブルに物は乗っていないようにする」とか小さなことで十分です。

続けられそうなことを、3日ほどやってみてください。

私自身そうだったのですが、片付けをする日を特別な日扱いしてしまっていました。

なので、今思うと、普段は「散らかしても良い期間」と無意識に思っていたかも(笑)

そのため、一気に片付けを2週間〜1ヶ月間隔で何度も繰り返す日々でした。

書類を開かない

片付け中は、書類のチェックNGです。

市役所から来た手紙などは、すぐに捨てても良いものか判断しにくいですよね。

片付け中は、捨てる捨てないの判断する時間ではないので、一度保留にしましょう。

  • 片付けの時間
  • 書類・書物をチェックする時間

考えることがごちゃまぜにならないように、時間を分けてみましょう。

完成させない

冒頭でも触れましたが、片付けは続けるものです。

私の経験上、片付けは

片付ける→生活する→不具合が見つかる→片付ける…

のサイクルで、徐々に進んでいきます。

だから、ここを完璧に綺麗にしよう!と思わず、最初より綺麗になればOK!位の気持ちで大丈夫。

それだけで、片付けに対するハードルはかなり低くなります。

コツは「無理をしないこと」

以上が、片付けのコツでした。

無理をせず、まずは一つずつ片付けの経験値をためていきましょう。

初めは「辛すぎ、、、」と思うかも知れません。

でも、それも少しだけ。

だんだん成果が見えてくると、楽しささえ感じるようになります。

そうなれば、こっちのもんです。

まずはテーブルの上から片づけを始めてみませんか。

ABOUT ME
えびてん
収納・掃除・お金のことが脳内9割占めています。 エコ・エシカル・サスティナブルの分野にも興味あり。 建築科卒→技術系公務員→専業主婦&転妻→不動産投資家&ブロガーとしてスタート。 資産を作った後は、古民家でほっこり暮らすのが夢です。