時短

自家製カレー好きの方は必見|カレー保存に野田琺瑯が使えます!

カレーは毎週作り置きして、朝食と昼食で週3回は食べてます。えびてん(@abtentsuma)です、こんにちわ。

作り置きしておくと、ご飯とカレーをレンチンするだけで食事ができるので、楽チンでとても助かってます。

わが家ではカレーを週に1回大量に作って、プラスチック製の保蔵容器で冷凍保存していました。

でも、プラスチック製のタッパーって安くて扱いやすいかわりに、

  • 加熱しすぎた影響で、全体的に変形してフタが閉まらなくなった
  • ところどころ溶けて白くなった
  • 臭いがうつった

といった悩みもありました。

ほぼ毎日使うものだし、このまま使い続けるとストレスです。

そこで、カレーの保存はホーロー製の保存容器を使うことにしました。

野田琺瑯White Series レクタングル 深型 S《シール蓋付》 WRF-S
created by Rinker

▲ 今回購入した容器。

今回の記事では、カレー保存をホーロー製にした理由や、その使用感をまとめましたので、カレーの保存容器についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事で分かること
  1. カレー保存にはホーロー製容器が向いている理由
  2. ホーロー製容器でのカレーの解凍方法

野田琺瑯がカレーの保存を推奨している

野田琺瑯ってご存知ですか?

私は愛読しているオシャレさんブログで最近知ったのですが、意識して見ると雑貨屋さんとか色々なところで売ってますよね。

野田琺瑯の容器やバットは、どれもシンプルながらレトロな雰囲気もあってすごく可愛いです。

その野田琺瑯の公式HPでカレーの保存を推奨している文面を発見しました。

冷凍のまま他の容器に移さず直火・オーブン・湯煎などで解凍ができる。

  • だし・スープ・カレールー・シチューなどの小分け保存
  • グラタンーを焼くだけの状態で保存
  • 肉類・魚介類等の小分け保存。
  • ひじき・切り干しなどの煮物の小分け保存。

出典:野田琺瑯株式会社

冷凍のまま直火で解凍が出来るので、容器を移さなくて良い分洗い物の手間と、時間を短縮することが出来そうです。

容量はレクタングル深型Sの500mlが一食分にちょうど良さそうなので、今回はレクタングル深型Sを2つ購入しました。

野田琺瑯White Series レクタングル 深型 S《シール蓋付》 WRF-S
created by Rinker

野田琺瑯でカレー保存のお悩み解消出来るか?

以下の項目は、私がプラスチック製タッパーで感じていた問題点です。

これらの問題点が解消されるのか検証しながら、実際に使ってみました。

  • 温めた後の歪み、溶けた跡
  • 臭い移り
  • 着色
  • 油汚れに落ちにくさ

カレーを保存する

1食分のカレーを入れて、冷凍保存します。

結構余裕があるので、グツグツしても大丈夫そうですね。

カレーを解凍する

冷凍出来ました。

いつもの解凍手順は、次のとおりです。

  1. 電子レンジに3分
  2. ミルクパンに写す
  3. ガスコンロで加熱

しかし、今回はこのままガスコンロへかけます!

大丈夫とはわかっていますが、ちょっとドキドキしますねw

直火にかけて5分後

火にかけてから5分たった状態です。

若干、フチのあたりがグツグツしてきましたが、まだまだ大部分が凍っています。

直火にかけて12分後

火にかけてから12分後。解凍が完了しました。

もっと時間がかかるかなと思いましたが、レンジでチンするのとほぼ同じ時間で解凍できました。

あまり時短には繋がりませんでしたね。

でもこれまでは、

  1. 電子レンジに3分
  2. ミルクパンに写す
  3. ガスコンロで加熱

と3ステップあったのが、たまに混ぜてあげるくらいで他に手もかからなかったので、断然こちらの方が楽でした。

解凍後の容器の状態

温まったので、容器からカレーを出してみました。

先に温まった縁の方が若干焦げちゃってますね(汗)

ちゃんと落ちるかな。

焦げも油もスルっと落ちた

洗いました!すごく綺麗に落ちましたよ!

なんのストレスもなく汚れが「スルっ!」「サラっ!」です

良かった(ちょっと心配だった)。

プラスチックでは気になった臭い移りも色移りもしていません。

水切れも良くてあっという間に洗い物が完了です。

直火にかけたことによって裏側が黒く煤けてしまうかなとも思いましたが、その心配も不要でした。

さいごに

これまで感じていた不便さは、野田琺瑯の保存容器で解消されました。

これで気兼ねなくカレーが冷凍できるようになります。

毎週のことなので、本当に助かりました。

容器が小さくて持ち手もなく不安定だったので、コンロの上の扱いだけは注意が必要ですが、かなり手間が省けるようになりました。

ちなみに取手みたいなのありませんか?と問い合わせてみましたが、現在そういった商品はないということでした。

そりゃそうかw

もし今プラスチックのタッパーでカレーを冷凍しているなら、ホーローに移行するとかなり楽になります。

とってもおすすめなので、ぜひお試しください!

野田琺瑯White Series レクタングル 深型 S《シール蓋付》 WRF-S
created by Rinker

ABOUT ME
えびてん
コンパクトなくらし方研究員/30代主婦/断捨離歴5年/時短家事を極めたい/”お金はコンパクト使って大きく育てるもの”を体現したい/2018.4ブログ開始/