ガスコンロの五徳の焦げ付き|オキシクリーンでは落とせません!

時短
AdSense
  • ガスコンロの五徳を放っておいたら焦げ付きが取れなくなっちゃった。
  • 頑固な焦げ付きもオキシクリーンで綺麗にできるの?

五徳って毎日洗うのは大変だし、ついつい吹きこぼしやくっついた汚れを放置しがちですよね。

その結果、焦げがガッチリこびり付いてしまってスポンジも爪も歯が立たない!なんてことになってしまった方も少なくないのではないでしょうか?

えびてん
えびてん

まあ私のことなんですけどね(笑)

今回はそんな頑固な焦げ付きをオキシクリーンで撃退すべく奮闘しました!

結果は惨敗です!

しかし悔しかったので強硬手段に出てなんとか綺麗になりました。

五徳の焦げ付きでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

AdSense

使ったのは日本版オキシクリーン

今回私が使ったのは日本版オキシクリーンです。

created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)

アメリカ版に比べて泡立ちも弱く洗浄力も劣りますが、アメリカ版より安く環境に優しい日本版オキシクリーンを選びました。

その他に、

  • 泡立て器
  • 60℃のお湯

を使いました。

▼ オキシクリーンについてはこちらで詳しく解説しています
【保存版】オキシクリーンとは|成分・基本的な使い方・購入先【まとめ】
AdSense

掃除前の五徳は悲惨

▲ 五徳に色々こびり付いている

▲ バーナーリングにも何かが焦げ付いている

えびてん
えびてん

いやー、やっぱり汚いですね。何がくっついてるんでしょうか。

もともと頂き物のガスコンロだったのでその時点で結構な使用感があり、初めは焦げ付きとかもあまり気にしていませんでした。

でも毎日否が応でも見る場所なので、やっぱり汚れていると気になって気になって(汗)

やっと重い腰をあげて、焦げ付きをオキシクリーンで撃退することにしたのです。

今回はホーローの五徳でオキシ漬けを実施しています。ステンレス製の五徳はアルカリ焼け(黒く変色してしまうこと)を起こしてしまう可能性があるのでご注意ください。
AdSense

オキシクリーン溶液の準備

▲ オキシクリーン溶液の準備の様子

▲ オキシクリーン溶液の準備完了

60℃のお湯にオキシクリーンを入れて、泡立て器で攪拌してオキシ溶液を作りました。

Instagramなどでアメリカ版のもこもこ泡を知っているだけに、どうも物足りない日本版オキシクリーンの泡立ち。

えびてん
えびてん

というか、泡なんてありません(笑)

ですがオキシクリーンの粒は見えないのでオキシクリーンは溶けたと判断して、このまま4時間のオキシ漬けを行いました。

追記

何度かオキシ溶液を作っていく中で気づいたのですが、オキシクリーン溶液は別の容器で作るべきです。

というのもオキシクリーンは塩のように簡単には溶けないので、くるくるとお湯を動かしただけでは全然足りません。

ホイップクリームを作るように泡立て器でしっかりガシガシ混ぜないと、オキシクリーン溶液は未完成で効力も弱いと思われます。

ですので上の写真のようにシンクに直接オキシクリーンを投入するのではなく、別の容器でオキシクリーン溶液を作ってからそれをシンクに入れるべきだったなと反省しています。

AdSense

結果は惨敗

▲ オキシ漬け後の五徳はやっぱり汚い

▲ オキシ漬け後のバーナーリングの焦げはなくなった

4時間オキシ漬けした後に、中性洗剤で一度洗った状態です。

いかがでしょうか。あんまり、というか全然綺麗になってませんね!

前からある焦げ付きは諦めもつきますが、「新しくついた焦げ付きは落としたかったな〜」というのが本音です。

ただ他の方の報告を見てもオキシ漬けだけでは焦げは落とせないようなので、オキシクリーンと焦げの相性は良くないのでしょう。残念!

AdSense

おまけ

「これはどうしようもないと諦めてこのまま使い続けるか?」とも考えましたが、どうしても諦めがつかず「重曹&焦げ落とし用スポンジ」で強行突破しました。

ここからはおまけになるので、よろしければお進みくださいね。

▲ ダイヤモンドでコゲ落とし

ダイソーで「ダイヤモンドでコゲ落とし」と言う焦げ落とし専用のスポンジを購入してきました。

これで物理的に擦り落そうというわけです。

スポンジを実際に触ってみると思ったよりゴリゴリだったので、傷だらけになるだろうなというのは容易に想像できました。

焦げか傷がで迷いましたがやっぱり焦げの斑点模様が気に入らないので、傷だらけ覚悟でいざ焦げ落としです!

▲ ゴリゴリ前の五徳

▲ ゴリゴリ前のバーナーリング

▲ ゴリゴリ後の五徳

▲ ゴリゴリ後のバーナーリング

どうでしょうか!

焦げ付きを全て落とすことが出来ました!そしてやっぱり傷だらけにもなりました!

万が一でも傷が目立たない程度だったらラッキーだなーと期待もしましたが、見事に傷だらけですね。

これが買って1年後だったりすると凹みますね。

使うときには傷だらけになっても良いぞ!という覚悟のもとご使用ください。

忙しママの焦げ洗剤

created by Rinker

▲ 焦げ落とし用の洗剤

もし新しい五徳だったり借り物である場合は、分解してくれる液体タイプを使うことをおすすめします。

これであれば傷だらけになることも気にせずに焦げ落としができますね!

AdSense

さいごに

色々なことに使えるオキシクリーンですが、焦げ付きにはあまり効果が現れませんでした。

いくらマルチクリーナーといえども得手不得手はあるということですね!

今後はオキシクリーンの得意分野で活躍してもらおうと思います。

今回は失敗例となってしまいましたが、反面教師として私の体験をご活用いただければ幸いです。

この記事を書いた人
えびてん

コンパクトなくらし方研究員/30代主婦/断捨離歴5年/時短家事を極めたい/”お金はコンパクト使って大きく育てるもの”を体現したい/2018.4ブログ開始/

えびてんをフォローしよう

コメント