家計簿

ふるさと納税とはどういうもの?|わかりやすく図解します

 

  • ふるさと納税はやるべきっていうけど、よくわからないしホントにお得なの?
  • 色々手続きも必要なんでしょ?面倒くさそう!

 

こんにちわ。出費もコンパクトにしたいえびてん(@abtentsuma)です。

2年前からふるさと納税をしていて、今年は毎月返礼品で美味しいお肉が届けられます。

美味しくてお得なので、主婦としてとても助かっています♪

\ 2019年1月分の返礼品 /

 

そんなふるさと納税。

 

  • どうしてお得なの?
  • 手続きとかは面倒ではないの?

 

まだ利用したことがない方は、期待する反面そんな不安もありますよね。

それは、仕組みやルールがイマイチ理解しにくいから。

学校でも社会でも教えてくれないし、自分で一から勉強するのも面倒くさい。

すると「ふるさと納税」自体がなんだか苦手なものに思えて、手を出せなくなってしまうのです。

 

そんな方のために、ふるさと納税の基本を誰にでもわかるように図解でご説明します!

ぜひ不安を解消して、お得で楽しくふるさと納税を活用しましょう!

ふるさと納税の目的とは?

ふるさと納税の目的は、日本を元気にすることです。

 

近年日本では、東京や大阪などの大都市に人が流れてしまい、地方からどんどん人が減っています。

以前は住んでいる場所に対してしか納税できなかったので、人口が少ない地方は収入が少なくなる一方でした。

 

しかし、ふるさと納税ができたことにより、住んでいない場所にも納税できるようになりました。

それによって、人が少ない地域にも税金が入り、日本全体を元気に活性化していこうとしています。

 

総務省は、ふるさと納税に3つの大きな意義をかかげています。

分かりやすくいうと「ふるさと納税の役割」を示しています。

  1. 納税したお金が何に使われているのか、興味を持つきっかけになる!
  2. 生まれ故郷、世話になった地域、応援したい地域への支援ができる!
  3. 各自治体は地元を一生懸命アピールするので、地域が活性化するきっかけになる!

 

つまり、ふるさと納税を通して、日本を元気にしながらも国民ひとりひとりが行政に興味を持ってもらいたいという希望も込められています。

ふるさと納税はなぜお得なの?

ふるさと納税がお得といわれるゆえんは、返礼品にあります。

返礼品とは、寄付をしたらお礼にいただける品物のこと。

 

例えば、5,000円の寄付をした場合。

 

【H30年収穫米】みやき町産『さがびより』5kg(精米)

created by Rinker

こちらは5,000円の寄付でいただけるお米。

 

【ふるさと納税】【H30年産米】みやき町産『さがびより(精米5kg)』8年連続特A受賞(A577)

こちらは3,942円(2019.2.7時点・送料無料)で購入できるお米。

 

どちらも内容は同じです。

金額だけで比較すると買ったほうがお得に見えますよね。

 

でも違います。

 

ふるさと納税をすると、

寄付した5,000円ー2,000円(自己負担金※)=3,000円分

は、所得税が還付されたり住民税から控除されます。

※2,000円は誰でも負担する金額なのであしからず。

 

何もしなくても、所得税や住民税はお役所に支払わなければなりませんよね。

今回の場合は、3,000円をふるさと納税によって先払いした形になります。

 

つまり、実質負担2,000円で3,942円のお米をゲットしたことになります。

1,942円もお得にお米をゲットできました。

こんなことそうそうないですよね!

それがふるさと納税の魅力で、お得といわれる理由なのです。

ふるさと納税はどんな流れで進めればいいの?

ふるさと納税の流れは、以下のとおりです。

 

  1. 寄付額の上限額を知ろう
  2. 寄付をしよう
  3. 必要な人は確定申告をしよう

 

ふるさと納税はポータルサイトを使う方法と、アンテナショップを使う方法があります。

アンテナショップでのふるさと納税は”アンテナ納税”ともいわれています。

まだまだ活用している自治体は多くありませんが、その場で返礼品が受け取れるのが魅力です。

 

今回は、私が昨年利用したポータルサイト「楽天ふるさと納税」を使ってご説明します。

▼おすすめのポータルサイトはこちらでまとめています。
【2019年版】ふるさと納税ポータルサイトの主婦目線ランキング!

 

寄付額の上限額を知る

寄付はひとりひとりできる金額が違います。

それを知らずに寄付すると、全くお得ではなくなってしまいます。

必ず寄付額の上限額を調べてから寄付するようにしましょう!

 

楽天ふるさと納税には「寄付上限額が3STEPでわかる!かんたんシミュレーター」というサービスがあります。

年収と家族構成、扶養家族について入力するだけで、とても簡単に上限額の目安を調べることができます。

 

えびてん
えびてん

あくまで目安の金額なので、上限に余裕を持って寄付をしましょう!

 

不動産所得や雑所得などがある人は、それらの収入を全て合わせた所得で、寄付上限額を計算することができます。

その場合は、詳細版シミュレーターを使うことをおすすめします。

寄付をしよう

上限額がわかったら、寄付する自治体を選びましょう。

 

初めての方は、「金額から探す」から欲しい返礼品を探してみましょう。

通販ではないので、表示金額が購入金額だと思わずに見ることがポイント。

返礼品は寄付に対してのお礼です。

購入金額と思ってしまうと、どれも高額に思えてしまって萎えます(笑)

 

だいたいの相場感がつかめたら、あとはじっくりと品定めしてください。

えびてん
えびてん

ふるさと納税で一番楽しい時間です♪

【寄付を申し込むときの注意点】

会社員や公務員、アルバイトなど、勤めている方で会社が年末調整をしている方は、ワンストップ特例申請をしましょう!

このあとに出てくる確定申告が不要になります。

返礼品はいつ届くの?

返礼品が送られてくる時期は、返礼品によって違います。

通販はそのとき即発送できるものが売られていますが、ふるさと納税はあくまで「お礼」。

特に野菜や果物、魚介類などは「旬の時期になったらお届けします!」という物もたくさんあります。

 

また、定期便のように毎月返礼品が送られてくるパターンもあります。

ですので、受け取れる時期も確認してから寄付すると良いでしょう。

必要な人は確定申告をしよう

  • 自営業など、普段から確定申告をされている方
  • 6箇所以上に寄付をされた方

は、確定申告が必要です。

 

確定申告には、寄付した後に自治体から送られてくる「寄付金受領書」が必要です。

捨てずに必ず取っておいてくださいね。

また確定申告できる期間は決まっているので、忘れずに行いましょう。

確定申告のあとは?

確定申告をしたあとは、寄付額が

  • 住民税から控除
  • 所得税が還付(銀行口座に振り込み)

となります。

 

きちんと手続きがされているかは、必ずご自身で確認するようにしてくださいね。

  • 住民税は「住民税決定通知書」
  • 所得税については「国税還付金振込通知書」

で確認することができます。

寄付額ー2,000円の金額と、住民税控除額+所得税還付金額をに大きな差がなければOKです!

ふるさと納税に期限はあるの?

ふるさと納税はいつでもすることができます。

ただし、税金の軽減については、軽減したい年の12月31日までの申し込みが必要です。

 

例)2019年分の税金を軽減したい場合

2019年1月1日〜12月31日の申し込みが必要
→2019年の所得税が還付される
→2020年の住民税から控除される

 

なぜ住民税は翌年かというと、住民税は前年の収入などで決まるからです。

つまり、2020年の住民税は2019年の収入などに基づいて計算されるため、2019年の寄付が反映されるということですね。

ふるさと納税にデメリットはあるの?

ふるさと納税はとても魅力的な制度ですが、デメリットもあります。

きちんとデメリットも理解した上で利用することが大切です。

  • 節税などの税金対策にはならない
  • 確定申告が必要
  • 納税額が少ない人は利用できない
  • 偽サイト・詐欺サイトに注意が必要

節税などの税金対策にはならない

ふるさと納税は「納税」とあるので、節税に繋がるかも!と思いますよね。

でも、残念ながらふるさと納税においては節税にはなりません。

似たような言葉で、減税、免税にもなりません。

 

寄付はあくまで税金の「先払い」です。

トータルにすると、自分が負担する金額は一緒です。

ふるさと納税の”旨味”は、返礼品であることを改めて認識しておきましょう。

確定申告などの手続きが必要

先ほども説明しましたが、ふるさと納税で寄付した後には確定申告などの手続きが必要です。

 

お役所関係の書類って、すっごく分かりにくいし、手続きも面倒です。

だから、それだけでふるさと納税を諦めてしまう方も多いようです。

ですが、手続きは一度やってしまえば「こんなもんか」と思ってしまうくらい単純だったりもします。

会社員など年末調整をしている方は、ワンストップ特例申請を使うとさらに簡単な手続きになります。

デメリットではありますが、これだけでふるさと納税を諦めるのはとてももったいないです。

利用できない人もいる

納税額が少ない方は、ふるさと納税を使うことができません。

「できません」ではなくて「すると損します」というのが正解ですね。

私も現在は収入がないので、ふるさと納税をすると損してしまうため今年はできません(泣)

 

でも家族に収入がある場合は、家族に利用してもらうことはできます。

まだ収入がある家族がふるさと納税をしていない方はチャンスです!

ぜひふるさと納税をすすめて、返礼品をいただきましょう!

偽サイト・詐欺サイトに注意が必要

最近徐々に増えているのが、ふるさと納税の偽サイトや詐欺サイトです。

偽サイトを使ってしまって、返礼品もこないし税金も軽減されないといった事件が多発しています。

ポータルサイトを通して寄付をするときは、きちんと見極めが必要です。

 

ただ、偽サイトを見抜くことはとても難しいとされています。

私たちが見抜くために見れる唯一のポイントは、ひとつ。

値引きしているか否か。値引きしているサイトは詐欺。

そもそもふるさと納税は商品の販売ではなく寄付なので、値引き自体おかしいことです。

そのような表記がされている場合は詐欺なので、絶対に振り込まないようにしましょう!

さいごに

ふるさと納税について詳しく図解してきましたが、少しでも興味を持っていただけましたでしょうか?

まだ利用していない方は、まずは上限額の計算から始めてみましょう!

思っているより上限額が高かった!なんてこともあるみたいですよ。

寄付上限額が3STEPでわかる!かんたんシミュレーター、ぜひお試しください♪

 

[author_box label=この記事を書いた人]

ABOUT ME
えびてん
コンパクトなくらし方研究員/30代主婦/断捨離歴5年/時短家事を極めたい/”お金はコンパクト使って大きく育てるもの”を体現したい/2018.4ブログ開始/